• 秋空の下でlunch time~Franceの香りを添えて~

    秋空の下でlunch time~Franceの香りを添えて~

    Ceriseさんの投稿
    2012/09/30 [21:52]

    しょっぱい:鶏胸肉の照り焼き赤ワイン風味、ししとうの粟揚げ/すっぱい:エビとオリーブのお寿司/にがい:ゴーヤとベーコンの卵炒め/あまい:自家製栗鹿の子のお楽しみ揚げ/うまみ:小茄子の旨煮  日本のお弁当にFranceの味を少しプラスして秋の味を詰めました。秋空の下で素敵なlunchにしたいですね。

    400円

    1時間

    使用している食材

    • 鶏胸肉・・・60g
    • 赤ワイン・・・15cc
    • ししとう・・・4本
    • ・・・少量
    • ボイルエビ(小)・・・1尾
    • オリーブ・・・3粒
    • レモン・・・1/8個
    • すし酢・・・少量
    • のり・・・少々
    • ゴーヤ・・・少量
    • ベーコン・・・1/8枚
    • ・・・1/3個
    • 自家製栗鹿の子・・・20g
    • 春巻きの皮・・・1/2枚
    • かんぴょう・・・10センチ
    • 小茄子・・・1個
    • かつお節・・・少量
    • レンコン(小さいもの)・・・少量

    作り方

    • [1] 「鶏胸肉の照り焼き赤ワイン風味」 鶏胸肉をカリッと焼き、赤ワイン・砂糖・醤油を加え照り焼きにする。                                         赤ワインを入れることにより風味・酸味が加わりとても美味しくできました。 最後に引き立ての黒コショウをふりかけると一段とまとまりがでます。
    • [2] 「ししとうの粟揚げ」 ししとうに粉を振り卵白にくぐらせ粟をまぶして揚げる。            ししとうの揚げたものに粟のカリッとした食感加えました。
    • [3] 「レンコンチップス」 レンコンの薄切りをカリッとフライにする。
    • [4] 「ゴーヤとベーコンの卵炒め」 薄切りのゴーヤとベーコンをサッと湯通しし、卵炒めに加える。                                                                      ゴーヤのにがみとベーコンのコクを卵でバランスをとりました。
    • [5] 「栗鹿の子のお楽しみ揚げ」 自家製栗鹿の子を春巻きの皮で包み、揚げました。                       この時期地元産の立派な栗が手に入るとゆでて甘い栗鹿の子を作ります。           我が家では、 トーストにぬったり、モンブランにしたりと楽しんでいます。
    • [6] 「小茄子のうま煮」 小茄子をだし・醤油・砂糖で煮て、最後にかつお節を加える。                       我が家の家庭菜園でとれた小茄子をうまみたっぷり美味しくたきあげました。
    • [7] 「エビとオリーブのお寿司」 俵型にボイルエビ・刻んだオリーブの実・酢飯の順にのせて型から抜く。                                                   我が家はみんなオリーブの実が大好き!  オリーブの塩分がエビとお米にとてもあって美味しいですよ!

    一覧へ戻る  ]