牧場研修を行うことで、食への関心を高めてほしい

シュガーレディ本社人事部次長 鈴木誠

牧場研修を行うことで、食への関心を高めてほしい

2014年度の新卒研修カリキュラムから、新たに加わった研修です。世の中、便利になりすぎてしまって、ワンコインで誰もが簡単に食事が出来る時代です。決して、悪いことではないのですが、それと共に薄れていく食への関心や、有り難さ・・・

そんな、当たり前の食に感謝したり、感動を覚えたりする場面が研修中に提供できないかと考え、協力を頂きたどり着いた研修です。食品会社の営業になるのであれば、食の有り難みや感謝の心を持てないと、人に自社の食品を勧めることなんて出来ないし、食を語る事なんて出来ないとも考えたからです。

僅か5日間の研修でしたが、仕事時間も生活もほとんど牧場の方と同じスケジュールで活動し、新入社員と私はペンションを貸し切っての共同生活、おまけに炊事、洗濯も自分たちで行います。辛いことだけではなく、最終日前夜には牧場の方とBBQをしたり、全ての仕事を終えた最終日には温泉に立ち寄って汗を流したりと、楽しいこともあります。

ただの見学ではない、本当の食の原点を知る事ができるすばらしい研修だと自負します。

エントリー

MESSAGE

#研修が担う役割の一つは「ミスマッチをなくす」ことです