命の現場をかけがえのない仲間と

シュガーレディ湘南 鈴木富美子(2017年入社)

命の現場をかけがえのない仲間と

私が牧場研修の中で印象に残ったことは、昨日までミルクをあげていた子牛が競り業者のトラックに乗せられ出荷されていく姿を見たこと、獣医師が牛に人工授精を行う現場を間近で見たことなど、様々な形で命を扱う現場を自分の目で見ることができたことです。
研修初日は牛の大きさに圧倒され怖いと感じていました。
しかし、搾乳する際に牛を驚かさないようにまず、牛と顔を合わせて体を撫でてから搾乳するように心がけていました。そうすることで徐々に牛に慣れていき、次第に愛おしく感じていました。
また、作業で汗をたくさん流したり、牛のにおいがついたり、体を使って疲れたりしましたが、この研修(仕事)を不快に思ったり、早く帰りたいなど思ったことは一度もありませんでした。
それは、牧場の方々に研修に来たのが、私たちで良かったと思ってい頂きたい気持ちがあったことと、一生懸命に働き、支え合う同期の存在があったからです。
私が5日間の牧場研修を命の現場を学ぶことができ、価値のある5日間だったと思えたことは、かけがえのない仲間と一緒だったからだと思います。

エントリー

TRAINING

#当たり前にある牛乳にどれだけ手間がかかっているかを学んだ研修でした。

#いただきますという言葉の大切さ

#感謝の想いが自然に沸いてきました。

#牧場研修は周りを見る力を養うことができたと思える研修でした。

#自分の食生活は自分で守ることの大切さ

#「食べて美味しい」、「見て美味しい」ものでなくてはなりません

#食べてもらう人のことを常に考え、できあがる過程までを大切にする

#周りから「どう見られているか?」を意識した運転教習

#営業とマネージャーさんはバディーです。

#安全でより良いものを作るためには多くの苦労と徹底した管理が必要

#この牛乳を使用したヨーグルトを販売できることを非常に誇らしく思いました。

#食べることの原点を確認できた5日間でした。

#商品の良さを伝えなければいけないという責任の大きさ

#食品が作られている背景を伝えられる営業になっていきたい

#苦労を知ったうえで飲む牛乳はいつもとは違う味でした。

#今私が食べているものは当たり前ではない

#学生と社会人との意識の違いを学ぶことのできる講習

#日を追うごとに会社の流れやシステムを知ることができます

#伝える事はしっかり伝えるメリハリのある場

#最初は包丁の持ち方さえ危ういほどでした