学生と社会人との意識の違いを学ぶことのできる講習

シュガーレディ横浜 葛西啓介・シュガーレディ関西 神谷頌(2016年入社)

学生と社会人との意識の違いを学ぶことのできる講習

営業として配属されて担当を持つと営業車が与えられます。
この営業車には会社のロゴが印刷されており、危険な運転や迷惑な運転をするとそのまま会社のイメージを落とすことにもなってしまいます。
そういったことが無いようにこの運転講習があります。
普段運転しない方も大丈夫です。
私も運転があまり得意ではなく、自信がなかったのですが、人事部の鈴木次長が助手席に座り様々なルートのシチュエーションで丁寧に教えてくださるので、運転に対して日に日に自信を持つことが出来ました。(葛西啓介)

運転講習は二人一組で行います。
使用する車は営業車です、もちろん会社のロゴが入っています。
私は学生時代から車を多く運転していたので、運転講習はすぐに合格するだろうと考えていました。
しかしいざ会社のロゴの入った営業車を運転するとなると、スピードや走る位置、車線変更のタイミングなど丁寧に運転をしなければならないと指導を受けました。
運転一つにとっても運転技術だけでなく、学生と社会人との意識の違いを学ぶことのできる講習だと感じます。(神谷頌)

エントリー

TRAINING

#自分の食生活は自分で守ることの大切さ

#「食べて美味しい」、「見て美味しい」ものでなくてはなりません

#食べてもらう人のことを常に考え、できあがる過程までを大切にする

#周りから「どう見られているか?」を意識した運転教習

#営業とマネージャーさんはバディーです。

#安全でより良いものを作るためには多くの苦労と徹底した管理が必要

#この牛乳を使用したヨーグルトを販売できることを非常に誇らしく思いました。

#食べることの原点を確認できた5日間でした。

#商品の良さを伝えなければいけないという責任の大きさ

#食品が作られている背景を伝えられる営業になっていきたい

#苦労を知ったうえで飲む牛乳はいつもとは違う味でした。

#今私が食べているものは当たり前ではない

#日を追うごとに会社の流れやシステムを知ることができます

#伝える事はしっかり伝えるメリハリのある場

#最初は包丁の持ち方さえ危ういほどでした