商品の良さを伝えなければいけないという責任の大きさ

シュガーレディ城南 高梨里帆(2016年入社)

商品の良さを伝えなければいけないという責任の大きさ

この5日間で牛舎での一連の作業を経験して、作業の大変さや細かさなどを学ぶことができました。
そして、普段ではできないたくさんの貴重な経験をすることができました。

作業の流れとして、牛舎の掃除、エサやり、搾乳を主にお手伝い致しました。
牛舎内をキレイに保つ大切さや重量のあるエサを与える大変さなど多くのことを学びました。
また、牛も動物であるため、一頭一頭その日によって気分の変動があります。
そういったことを見極めることも重要なことであり、難しいと感じました。

そして、牧場の方の想いを聞き、自分たちが5日間経験していくと共に商品の良さを伝えなければいけないという責任の大きさを改めて感じました。
経験したからこそ話せることがたくさんあると思います。それを上手に伝えられるようになりたいです。
このように大変で細かい作業があるからこそ、おいしい商品を作ることができるのだとこの5日間で更に実感しました。

エントリー

TRAINING

#自分の食生活は自分で守ることの大切さ

#「食べて美味しい」、「見て美味しい」ものでなくてはなりません

#食べてもらう人のことを常に考え、できあがる過程までを大切にする

#周りから「どう見られているか?」を意識した運転教習

#営業とマネージャーさんはバディーです。

#安全でより良いものを作るためには多くの苦労と徹底した管理が必要

#この牛乳を使用したヨーグルトを販売できることを非常に誇らしく思いました。

#食べることの原点を確認できた5日間でした。

#食品が作られている背景を伝えられる営業になっていきたい

#苦労を知ったうえで飲む牛乳はいつもとは違う味でした。

#今私が食べているものは当たり前ではない

#学生と社会人との意識の違いを学ぶことのできる講習

#日を追うごとに会社の流れやシステムを知ることができます

#伝える事はしっかり伝えるメリハリのある場

#最初は包丁の持ち方さえ危ういほどでした