食品が作られている背景を伝えられる営業になっていきたい

シュガーレディ湘南 高橋憧麻(2016年入社)

食品が作られている背景を伝えられる営業になっていきたい

今回5日間の牧場研修で普段当たり前に食べている、飲んでいるものが作られる現場での大変さを学ぶことが出来ました。

今回の研修では牛舎の掃除や搾乳、エサやりなどをお手伝いさせていただきましたが、最初はとても時間がかかり苦労をしました。
しかし、2日目3日目にはみんな作業にも慣れていき、牛を怖がっていた人でもスムーズに搾乳が出来るまでになりました。

作業の合間に牧場の方のお話を聞いていき、エサへのこだわりや、牛にストレスをかけないための工夫を聞きました。
また休憩中に牛乳をいただきましたが、とてもすっきりとした味で、これまで飲んでいた牛乳との違いに驚きました。

今回の研修で、普段食べているもののありがたみを感じました。
今回の研修ではヨーグルトを原料として作成している牧場に体験に参りましたが、弊社にはシュガーミートというお肉や、卵も作って販売しています。
これらの商品も生産者の方が同じような苦労して作っています。
これからは食品が作られている背景を伝えられる営業になっていきたいです。

エントリー

TRAINING

#自分の食生活は自分で守ることの大切さ

#「食べて美味しい」、「見て美味しい」ものでなくてはなりません

#食べてもらう人のことを常に考え、できあがる過程までを大切にする

#周りから「どう見られているか?」を意識した運転教習

#営業とマネージャーさんはバディーです。

#安全でより良いものを作るためには多くの苦労と徹底した管理が必要

#この牛乳を使用したヨーグルトを販売できることを非常に誇らしく思いました。

#食べることの原点を確認できた5日間でした。

#商品の良さを伝えなければいけないという責任の大きさ

#苦労を知ったうえで飲む牛乳はいつもとは違う味でした。

#今私が食べているものは当たり前ではない

#学生と社会人との意識の違いを学ぶことのできる講習

#日を追うごとに会社の流れやシステムを知ることができます

#伝える事はしっかり伝えるメリハリのある場

#最初は包丁の持ち方さえ危ういほどでした