今私が食べているものは当たり前ではない

シュガーレディ東海 深川結加(2016年入社)

今私が食べているものは当たり前ではない

今回4泊5日で牧場研修をさせていただいて、今私が食べているものは当たり前ではないのだと感じ、食べ物のありがたみを学ぶことができました。

牛舎はとても清潔で、オーガニック飼料で育てられた牛たちは毎日放牧されて、牛たちの部屋もきちんと掃除が生き届いていました。
糞尿がそのまま放置されていることもなく、清潔を維持するために多くの努力と工夫がされていました。
そして搾乳では1頭1頭手作業で搾乳前に乳についた汚れを綺麗にふき取り、乳に異常がないかといった確認を行ってから搾乳を行う徹底ぶりで、机の上で勉強しているだけではわからない、実際に体験したからこそわかる苦労や牧場の方の誇りを肌で感じることができたとても充実した研修でした。

食に対する意識が変わりました。当たり前にスーパーやお店でなんでも買える時代だからこそ、その食品ができるまでの経緯や苦労などを知ることができました。
そしてその大切さを、会社が5日間も研修として実感させてくれたことや、命を育てる大変なお仕事をされている中、妥協せず美味しく安全な牛乳を作ってくれている牧場の方々に感謝します。
そして改めてこの徹底した管理体制の下で作られた牛乳と、そこから作られた自社のヨーグルトに自信をもっておすすめできることを営業としてとても幸せなことだと感じました。

エントリー

TRAINING

#自分の食生活は自分で守ることの大切さ

#「食べて美味しい」、「見て美味しい」ものでなくてはなりません

#食べてもらう人のことを常に考え、できあがる過程までを大切にする

#周りから「どう見られているか?」を意識した運転教習

#営業とマネージャーさんはバディーです。

#安全でより良いものを作るためには多くの苦労と徹底した管理が必要

#この牛乳を使用したヨーグルトを販売できることを非常に誇らしく思いました。

#食べることの原点を確認できた5日間でした。

#商品の良さを伝えなければいけないという責任の大きさ

#食品が作られている背景を伝えられる営業になっていきたい

#苦労を知ったうえで飲む牛乳はいつもとは違う味でした。

#学生と社会人との意識の違いを学ぶことのできる講習

#日を追うごとに会社の流れやシステムを知ることができます

#伝える事はしっかり伝えるメリハリのある場

#最初は包丁の持ち方さえ危ういほどでした