「食べて美味しい」、「見て美味しい」ものでなくてはなりません

末吉美穂(2017年入社)

「食べて美味しい」、「見て美味しい」ものでなくてはなりません

営業は、各地で開催されるシュガーパーティという無料試食会で、実際にお客様の前にお出しする自社商品を調理することがあります。
そこで提供される料理は、「食べて美味しい」、「見て美味しい」ものでなくてはなりません。
ですから、細かい切り方や盛り付けまで丁寧に行います。そういった力をつけるために、この調理研修を行っています。
調理研修では、包丁の持ち方から基本的な切り方、加熱調理や盛り付けまで一から学びます。
私は大学時代に食について学び、調理実習も数多く経験してきましたので、その経験を活かすことができ、少し余裕をもって取り組めたと思っています。
今は、学生時代に学んできた事が生かせて良かったと実感しています。
それでも、盛りつけの仕方等においては実際に間違っている部分もあって、改めて学び直すこともできました。
さらに、これまで料理をあまりしてこなかった同期も、調理に対する意識が上がり、今ではみんなお弁当を持ってくるなど自炊をしており、各自がレベルを上げるために日々特訓中です。
また、自社商品を使って研修するので、自分で調理し食べることで商品への理解を深めることができます。基本調理から商品理解まで、幅広く学ぶことができる研修です。

エントリー

TRAINING

#自分の食生活は自分で守ることの大切さ

#食べてもらう人のことを常に考え、できあがる過程までを大切にする

#周りから「どう見られているか?」を意識した運転教習

#営業とマネージャーさんはバディーです。

#安全でより良いものを作るためには多くの苦労と徹底した管理が必要

#この牛乳を使用したヨーグルトを販売できることを非常に誇らしく思いました。

#食べることの原点を確認できた5日間でした。

#商品の良さを伝えなければいけないという責任の大きさ

#食品が作られている背景を伝えられる営業になっていきたい

#苦労を知ったうえで飲む牛乳はいつもとは違う味でした。

#今私が食べているものは当たり前ではない

#学生と社会人との意識の違いを学ぶことのできる講習

#日を追うごとに会社の流れやシステムを知ることができます

#伝える事はしっかり伝えるメリハリのある場

#最初は包丁の持ち方さえ危ういほどでした