自分の食生活は自分で守ることの大切さ

清水謙人(2017年入社)

自分の食生活は自分で守ることの大切さ

座学の研修では食に関すること、組織に関する事を中心に学びますが、シュガーレディに入社してから「食品添加物」という言葉を何度も耳にしました。
私は母が栄養士として働いているので、健康的な料理を毎日作ってもらっていたと思っています。
しかし、いくら健康的な料理メニューを考えてもその食材は安全とは限らないことを、この研修を通じて学びました。
安い値段で食材や弁当を買うことのできる便利な世の中である反面、加工食品には食品添加物が多く含まれていたり、遺伝子組み換え作物を知らずに摂取していたりと、食の安全を考えなければならない時代でもあります。
当社では、合成の食品添加物を使用していません。
「家族に食べさせたい」と思える安全で健康的な食品を取り扱う会社であるからこそ自分自身も食の関心が高まりました。
食の安全が騒がれている現代社会の中、自分の食生活は自分で守ることの大切さを知ることができました。
食に対する意識が大きく変わる研修であると感じています。

エントリー

TRAINING

#「食べて美味しい」、「見て美味しい」ものでなくてはなりません

#食べてもらう人のことを常に考え、できあがる過程までを大切にする

#周りから「どう見られているか?」を意識した運転教習

#営業とマネージャーさんはバディーです。

#安全でより良いものを作るためには多くの苦労と徹底した管理が必要

#この牛乳を使用したヨーグルトを販売できることを非常に誇らしく思いました。

#食べることの原点を確認できた5日間でした。

#商品の良さを伝えなければいけないという責任の大きさ

#食品が作られている背景を伝えられる営業になっていきたい

#苦労を知ったうえで飲む牛乳はいつもとは違う味でした。

#今私が食べているものは当たり前ではない

#学生と社会人との意識の違いを学ぶことのできる講習

#日を追うごとに会社の流れやシステムを知ることができます

#伝える事はしっかり伝えるメリハリのある場

#最初は包丁の持ち方さえ危ういほどでした