牧場研修は周りを見る力を養うことができたと思える研修でした。

シュガーレディ京阪 丸田侑加(2017年入社)

牧場研修は周りを見る力を養うことができたと思える研修でした。

この5日間の牧場研修は周りを見る力を養うことができたと思える研修でした。
牧場では掃除、餌やり、搾乳などを行いましたが、想像以上に体力との勝負でした。
特に乳搾り器は体がふらつくほど重く、支えながら扱うのに苦労しました。
社内で走り回るのとは訳が違います。
牧場での作業を終えてからは家事を皆でこなしました。料理や洗濯を手分けして効率よくやることを意識しました。
これらを通して、私は次の仕事の流れを考えるようになりました。
牧場では時間で作業が決まっています。餌やりも放牧も、それまでに前の作業を終わらせなければ進めません。仕事を早くこなすことはもちろん、次に必要な用具の準備、まだ手が回っていない箇所の把握、などといった観察力を自分でも驚くほどに意識しました。
また、これらの研修の間にその牧場でとれた牛乳をいただきましたが、やはり味は他と違いました。
臭みはなく、甘さとコクが感じられる、美味しい牛乳でした。
飼料には農薬、化学肥料、遺伝子組み換えを全く使用していないことが分かっているので安心して飲めます。これはとても価値のある事なのだと、ようやく分かりました。
私たちはこの貴重な牛乳から作られたヨーグルトを扱っていると思うと、真摯に営業に取り組まなければならないと考えさせられました。

エントリー

TRAINING

#当たり前にある牛乳にどれだけ手間がかかっているかを学んだ研修でした。

#いただきますという言葉の大切さ

#命の現場をかけがえのない仲間と

#感謝の想いが自然に沸いてきました。

#自分の食生活は自分で守ることの大切さ

#「食べて美味しい」、「見て美味しい」ものでなくてはなりません

#食べてもらう人のことを常に考え、できあがる過程までを大切にする

#周りから「どう見られているか?」を意識した運転教習

#営業とマネージャーさんはバディーです。

#安全でより良いものを作るためには多くの苦労と徹底した管理が必要

#この牛乳を使用したヨーグルトを販売できることを非常に誇らしく思いました。

#食べることの原点を確認できた5日間でした。

#商品の良さを伝えなければいけないという責任の大きさ

#食品が作られている背景を伝えられる営業になっていきたい

#苦労を知ったうえで飲む牛乳はいつもとは違う味でした。

#今私が食べているものは当たり前ではない

#学生と社会人との意識の違いを学ぶことのできる講習

#日を追うごとに会社の流れやシステムを知ることができます

#伝える事はしっかり伝えるメリハリのある場

#最初は包丁の持ち方さえ危ういほどでした