食品会社として自社商品に対する揺るぎない自信

シュガーレディ関西 神谷頌(2016年入社)

食品会社として自社商品に対する揺るぎない自信

私がシュガーレディに入社を決めたのは、食品会社として自社商品に対する揺るぎない自信のようなものを感じたからです。
日常で様々な商品に使われている合成の保存料・着色料。これらを食品に使用すれば腐りにくくなり、見た目もよくなります。
しかし健康のためにシュガーレディでは使用しない。この想いが会社説明会で感じ取れたのでもっと知りたいと思い、入社を決めました。

また、就職活動中は業種・職種を決めずに活動していましたが、営業でありながら「個人で売って、成績を上げるのではなく、売ってくださる販売員さんのサポートを行う仕事」というところにも魅力を感じました。
難しい仕事ですが、個人で前に出るだけでなく人のサポートに回れる方にも向いている仕事だと思います。

4月から7月までの3か月間は研修の一環で、一人暮らしをしますが、生活の中で親のありがたみが分かり、社会人としての厳しさも分かってきました。
今後は、シュガーレディの一員として食や健康に目を向け、自分なりにシュガーレディの良さを広めていきたいと思います。

エントリー

MEMBERS VOICE

#安全・健康という言葉を何度も耳にしたのはシュガーレディだけでした。

#食べる幸せを感じてもらえる会社

#今までの冷凍食品の固定概念が覆された会社でした。

#商品を疑うことなくお客様にお勧めすることができる

#その誇りがあるからこそ、働いて行ける

#自分の家族に毎日食べさせたいものを作る会社

#シュガーレディの魅力は、自信を持って家族にも薦めることができるところです。

#食を通して周囲の人に「健康」になってもらいたいという強い想い

#自社製品に誇りが持てる会社で働きたい

#皆さんは健体康心という言葉を知っていますか?

#「自分で生きて行く力」を身に付けることができる